童心に帰ってイチゴ狩りでリフレッシュ!

休日にイチゴ狩りへ出掛けてリフレッシュしてきました。

向かったのは滋賀県の水口にある鹿深(かふか)いちご園。
ネットで調べて人気があったので一週間前に予約を入れました。

現地に着いたのは予約時間の15分前くらい。
少し早めの到着でしたが、受付の小屋には既に同じ時間にスタートする人達が何組か待っていました。せっかちな私は待ちきれずにビニールハウスを覗いてみると、真っ赤に実ったたくさんのイチゴが!これを見ただけでもテンションが上がりました。

1491976091282

逸る気持ちを抑えて受付へ向かいます。
受付のある小屋ではイチゴやキャベツなど、鹿深ファームで収穫された新鮮な農作物が格安で販売されています。さらにイチゴやトマトを使ったジェラートも販売されており、イチゴ好きにはたまらない空間です。

予約した時間になるとオバチャンに誘導されてビニールハウスの中へ。
簡単な説明のあと45分間の食べ放題がスタートです!

こちらのシステムは食べ放題・持ち帰り不可で大人1600円(期間により異なる)です。
だいたい20個くらい食べられたらモトが取れる計算。
ちなみに練乳やチョコソースは無料なので飽きてきたら味を変えられます。

食べ放題スタートから15分くらいは皆さん勢いよく食べていたのですが、
少しづつペースダウンして休憩する人もチラホラ…。
普通にスーパーで売っているイチゴより大きいので、イチゴ好きでも簡単には20個も食べられません。

1491976093773

それでも損をすることが大嫌いな根っから関西人の私は、プレーン→練乳がけ→チョコソースがけのローテーションで20個達成!終わる頃にはお昼ご飯が食べられないほど満腹になってしまいました。

イチゴ狩りなんて久しぶりに行きましたが、童心に帰った気分でリフレッシュできました。
クルマがあれば高速からのアクセスもいいので、この時期オススメのスポットです。

■鹿深(かふか)いちご園
滋賀県甲賀市水口町水口5940-4

様々な年代の方におすすめのニキビケア化粧品

長年ニキビと戦っている私は色々なニキビケア化粧品を試してきました。

よく「どの化粧品が一番効果あった?」と聞かれるのですが、正直言ってそのときの年齢や、ニキビの場所や状態で効果のある化粧品は変わってきます。
特に実感したのが自分の年齢によって選ぶスキンケア化粧品は変えた方がいいということです。

例えば10代の頃は鼻の周りや頬にできるニキビに悩んでいて、それも赤くなって炎症を起こしているようなニキビでした。酷い時は肌が熱を帯びるくらい炎症を起こしてしまい、洗顔するのも恐る恐るしていた状態でした。
このとき一番使っていたのがプロアクティブです。

prk01

使い始めた頃は「ちょっと肌に刺激を感じるな」と思って使うのを止めようとしたのですが、数日使い続けていると徐々に肌の炎症が治まっていくのを感じました。

これは使っていくうちに実感したのですが、プロアクティブって殺菌と炎症を抑える効果が高いんだと思います。なので10代の皮脂の分泌が活発で炎症を起こしやすい肌には向いていたんだと思うんですね。

それからしばらく経って、20代後半くらいになるとフェイスラインに出来るいわゆる「大人ニキビ」に悩まされてました。

治まったかと思えば生理前後やストレス・疲れが溜まった時にすぐ再発してくるので非常に厄介なんですよね。
「これは専門的な治療を受けるしかない」おと皮膚科を訪れた際、カウンターに並べてある化粧品に目が留まったのがNOVとの出会いでした。

nova01

先生に聞いてみても、お肌にも優しくおすすめですよと言われたので、試しにNOV ACアクティブ(大人ニキビ向けライン)の洗顔と化粧水を購入してみました。
日頃の洗顔と化粧水をこちらの商品に変えて、普通に毎日のケアをして一週間ぐらい経ち、ふと「最近ニキビ治まってる?」って感じ始めました。

赤みがあるものは自然と治まっているし、何より嬉しかったのは白ニキビもポツポツ感がなくなって小さくなっている感触があったことです。
「これは効果あるかも!?」と思いひと月経過、生理前後や疲れの溜まった時でも、肌が荒れることなくキレイな状態で過ごせていたんです。

何より嬉しかったのは、跡が残りにくく自然に治まっていく感じなので、あんなに汚かったフェイスラインのニキビ跡も目立たなくなっていたことです。
日頃のケアからニキビ予防をしたいという方にはぜひおすすめの化粧品です。

参考
【体験談】プロアクティブ+は効果ある?ニキビを防ぐポイントとは
パッケージや商品が新しくなった模様。私が使っていた頃のものより進化しています。

NOV ACアクティブの口コミ
トライアルセットのレビュー。商品の使用感が分かりやすいです。

タイにある中国政治家御用達の中華料理店

sya78283

タイのバンコクに旅行に行った時に、シャングリラホテルにあるビュッフェが美味しいと口コミで聞いて行った時の事です。

シャングリラホテルに到着した時、物凄い警備が厳しく、また正装した人がたくさんいて異様な雰囲気でした。
一体、何が起こったのだろう?と思いホテルのスタッフに聞いてみると、シャングリラホテル内にある香宮(シャンパレス)中国料理店に
温家宝首相が食事に来ると言われました。

ホテルスタッフによると中国の政治家がタイに訪問する際には必ず香宮を利用するとの事でした。そんな政治家が利用する程美味しいのかと思い後日、香宮に夕食を食べに行って見ました。

香宮レストラン内はガラガラで、「大丈夫なのか?」と思いながらメニューを開き値段を見てみると、どのお料理もそこそこの値段がしていました。 店員さんにお勧めを聞くと「子豚の丸焼き」と言われ、中国料理といえば子豚の丸焼きよりも北京ダックの方が有名なのにと思いながらも子豚の丸焼きを注文してみました。

もちろんメニューには北京ダックもありました。子豚の丸焼きが注文してからテーブルに来るまで約30分かかりました。
テーブルに置かれた子豚の丸焼きは、こんがり飴色に焼かれ、目の前でサクサクと食欲をそそられる良い音で切り分けられていきました。
その味は、外の皮はパリパリしていて噛んだ瞬間にほど良い良質の油がジュワーッと香ばしい香りと共に口の中に広がります。
こんな美味しい子豚の丸焼きは、タイのバンコクでしか味わえないと思います。

一流ホテルに入っている中国料理店なのに中国の政治家御用達とは知られていない最高級の味が味わえる香宮中国料理店です。

参考:初めてのバンコクなのに超短トランジット
 そのときの旅行ブログです。バンコクへ旅行される方は参考までにどうぞ。

毛穴の黒ずみを低コストで解決する裏技

kagamiwatasi

毛穴の黒ずみはメイクで隠そうとしてもなかなかできないものです。一度、気になり始めると「どうにかしたい」と思ってしまいます。

毛穴の黒ずみを解消するにはいくつかの方法があるのですが、その中でもおすすめなのが綿棒を使った方法です。綿棒で毛穴の黒ずみを助教するメリットは、お肌に優しいこととコストが安いことでしょう。

コストに関して言えば、綿棒は何十本も入って100円ぐらいで購入できます。週に一度、綿棒で毛穴の黒ずみを除去しても、専用の角質ケア商品を購入するよりもはるかに安い価格で改善することができます。

綿棒による毛穴の黒ずみの除去方法は、メイクをしっかりと取った後に蒸しタオルやスチーマーなどを使って毛穴を開かせておきます。毛穴が開いたと実感できたら綿棒にオイルをしっかりと塗布して、気になる毛穴の黒ずみのところでくるくると優しく回していきます。マッサージするような感じで小刻みに動かすと綿棒に黒ずみが付着してきます。

その後、しっかりと洗顔し、いつもの化粧水や乳液で保湿しておきましょう。洗顔後に冷たい水で毛穴を引き締めるとより効果を実感することができます。使うオイルについては不純物が入っていないオーガニックオイルやエキストラバージンオイルの使用がおすすめです。

洗顔とサプリメントを工夫したスキンケア

sap

オイリー肌でTゾーンがいつも脂でテカテカ、生理前には顎ニキビも必ずと言っていいほどできてしまうなら洗顔は固形の洗顔石鹸を使ってみましょう。

洗顔石鹸はなるべく配合されている成分が基本に近いものを選びます。殺菌や潤いなど色々な効果をうたわれている物をつい使いたくなってしまいますが、洗顔は基本的に汚れを落とす為に行うものですから配合成分に石ケン素地以外の成分がなるべく載っていないものがベターです。

肌質によっては保湿成分が配合されている方がトラブルが起きない事もありますが、よく考えて選びましょう。洗顔は必ず洗顔ネットを使って泡をモコモコに作って洗います。ニキビを潰さないように刺激しないように泡を転がすイメージで洗顔しましょう。

同時にサプリメントで内側からニキビケアをしていきます。
ニキビに効果のあるサプリメントと言えばビタミンCは欠かせません。皮脂分泌を抑えてニキビができにくくしてくれる他に美白効果もあり美肌には必須の成分です。

併せて飲みたいのがビタミンB群で肌のターンオーバーを整えながら皮膚や粘膜の再生を助けます。ビタミンBは沢山ありますがどうしても選ばなくてはいけないならニキビの改善にはビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6でしょう。これらの美容成分は脂質の代謝を調整しながら肌の再生力も高めてくれるので意識して摂取したいところです。

参考:ビタミン剤 | 美容整形外科・美容皮膚科の大宮中央クリニック
 美肌やニキビ改善のために必要な栄養素や、それぞれの効能の一覧。

ニキビに悩む私が試した間違ったケア方法

若い頃、私もニキビに相当悩んでいたので色々な方法を試してきました。兄弟のなかでも酷い方で、食べてるものは一緒なのになんでできるのか不思議なくらいでした。

当時はニキビ薬も毎日塗ってましたがなかなか治らず、新しいニキビとの追いかけっこ状態。しかも、そのとき使っていたニキビの薬は、硫黄の臭いが強くてかなり使いにくい薬でした。

食生活ではそんなに偏った食事ではなかったけれど、チョコレートを食べると翌日覿面にニキビができました。なので甘いものが食べたくてもチョコレートは控えてました。

他に試した方法としては、体質改善にドクダミがいいとも言われたので、庭にあったドクダミの葉っぱを擦ってオブラートにくるみそのまま飲んでました。
半年くらい続けたけれど効果がなく辞めてしまいました。

 

bda282941ea314f87b28123dd406a2d6_s

若い頃は新陳代謝も活発で汗もよくかきます。お風呂も毎日入って洗顔も一日何度もしてましたが、そのあとの保湿などしてなかったので肌の状態は良くなかった気がします。
今となっては「洗顔後の保湿は絶対!」という感じで、乾燥肌とニキビの関連性を紹介するメディアも多いですが、当時は「ニキビ肌はなるべく油分を落とした方がいい」という間違った風潮があり、保湿をそれほど重視していませんでした。

ニキビができると気になるし、どうしてもニキビを指で潰してしまったり触ってしまったりしますが、指はとても不衛生です。ニキビはいじらない、さわらないが鉄則です。化粧で隠そうとすると毛穴づまりもして治りも遅くなるので、できれば化粧する時間は最小限にとどめたほうがいいです。